「とりわけ」の使い方マスター!意味、例文、類語を一挙公開

「とりわけ」の基本的な意味

1-1. 「とりわけ」の定義

「とりわけ」とは、特に注目すべき点や他と比べて際立っている点を強調するために使用される表現です。この言葉は、他の要素や事柄と比べて特に重要な点や特徴を強調する際に使用されます。

1-2. 「とりわけ」の起源と歴史

「とりわけ」は、古くから日本語に存在する表現です。その起源や歴史については明確な情報はありませんが、日本の文学や文章に頻繁に使用されてきたことがわかっています。特に、説明や強調の際に多く利用される言葉です。

2. 「とりわけ」の具体的な使い方

2-1. 「とりわけ」の使い方・例文

「とりわけ」は、以下のような使い方があります。

例文1: 彼女は音楽が大好きで、とりわけクラシック音楽がお気に入りです。
例文2: この映画はストーリーが素晴らしいですが、とりわけ演技が素晴らしいです。

「とりわけ」は、他の要素や事柄と比べて特に重要な点を強調するために使用されます。上記の例文では、クラシック音楽や演技が他の要素と比べて特に素晴らしいという意味が強調されています。

3. 「とりわけ」の類語とその違い

3-1. 「とりわけ」と「特に」の違い

「とりわけ」と「特に」は、意味や使用方法が似ていますが、微妙な違いがあります。

「とりわけ」は、他の要素と比べて特に重要な点を強調する際に使用されます。一方、「特に」は、他の要素と比べて目立つ点や重要な点を指し示す際に使用されます。つまり、「とりわけ」は強調の意味合いが強く、「特に」は目立つ点を指し示すために使用されます。

3-2. 「とりわけ」の関連用語

「とりわけ」には、以下のような関連用語があります。

– 特に
– とくに
– 特に重要な点
– とくに注目すべき点

これらの表現も、「とりわけ」と同様に特に重要な点や注目すべき点を強調するために使用されます。

4. 「とりわけ」の使用上の注意点

4-1. 「とりわけ」の使い分け方

「とりわけ」は、他の要素と比べて特に重要な点を強調する際に使用されます。しかし、適切な場面で使用することが重要です。例えば、日常会話やカジュアルな文章ではあまり使用されない傾向があります。よりフォーマルな文章や説明の際に使用することが適切です。

4-2. 「とりわけ」の誤用例

「とりわけ」の誤用例としては、以下のようなものがあります。

誤: 彼はとりわけ優秀な学生です。
正: 彼は特に優秀な学生です。

「とりわけ」は、他の要素と比べて特に重要な点を強調する際に使用されますが、上記の例文では強調する必要がないため、「特に」が適切な表現です。

5. 「とりわけ」のまとめ

「とりわけ」は、他の要素や事柄と比べて特に重要な点や特徴を強調するために使用される表現です。この言葉は日本語に古くから存在し、説明や強調の際に頻繁に使用されてきました。しかし、適切な場面で使用することが重要であり、フォーマルな文章や説明の際に使用することが適切です。

「とりわけ」の定義

「とりわけ」とは、特に、特別に、特異的にといった意味を持つ副詞であり、ある事柄や要素が他の事柄や要素と比べて際立っていることを表現する際に使用されます。この表現は、特に注目すべき点や重要な点を強調するために用いられます。

例えば、「彼はとりわけ優れた才能を持っている」という文では、彼の才能が他の人と比べて際立っていることが強調されています。また、「この映画はとりわけ感動的なシーンが多い」という文では、映画の中には他のシーンと比べて特に感動的なシーンが多く含まれていることが示されています。

「とりわけ」は、他の類似の表現と比べてより強い強調効果を持つことが特徴です。また、文章の中で使われることが多く、特に論文や報告書、ニュース記事などで頻繁に見られます。

「とりわけ」の意味や使い方は、文脈によって微妙に変化することがありますので、注意が必要です。しかし、基本的な意味は他の表現と同じく「特に」ということであり、際立っている点や特異的な点を強調する際に使用されることが多いです。

※毎日確認済み(お買い物に役立つ!!)⇒2億点の商品を対象とした本日の総合ランキング by楽天♪

?

「とりわけ」の起源と歴史

「とりわけ」は、古くから日本語に存在する表現であり、その起源と歴史は興味深いものです。この表現は、古代中国の文献や漢詩に由来しており、日本に伝わった後に独自の発展を遂げました。

「とりわけ」は、元々は「取り分け」という言葉から派生したもので、特定の要素を取り分けて強調する意味を持っています。その後、日本語に取り入れられるにあたり、「取り分け」の音が変化し、「とりわけ」となったと考えられています。

日本語において「とりわけ」は、特に、特別に、特異な要素を強調する際に使用されます。例えば、「彼はとりわけ優れた技術を持っている」という表現では、彼の技術が他の人と比べて特に優れていることを強調しています。

「とりわけ」の使用は、古代から現代まで広く行われており、文学作品や日常会話でも頻繁に見られます。そのため、日本語の豊かな表現力を引き立てる重要な要素となっています。

「とりわけ」の起源と歴史を知ることで、この表現の意味や使い方をより深く理解することができます。また、古代中国の文化とのつながりも感じることができ、言葉の魅力をより一層楽しむことができるでしょう。

「とりわけ」の具体的な使い方

「とりわけ」は、特定の事柄や要素を強調するために使用される表現です。以下では、「とりわけ」の具体的な使い方について解説します。

「とりわけ」は、文章や会話の中で特定の要素を際立たせるために使われます。例えば、ある商品の特徴や優れた点を強調する際に「とりわけ」を使用することで、その要素が他の要素と比べて特に重要であることを強調することができます。

以下に具体的な使い方と例文を示します。

1. 「とりわけ」を使って特定の要素を強調する場合
例文1: この映画は、素晴らしい演技や美しい映像が魅力ですが、「とりわけ」ストーリーの展開が素晴らしいです。
例文2: このレストランの料理はどれも美味しいですが、「とりわけ」特製のデザートが絶品です。

2. 「とりわけ」を使って特定の事柄を強調する場合
例文1: この地域は、四季折々の美しい景色が楽しめますが、「とりわけ」春の桜が見事です。
例文2: この本は、多くの有用な情報が詰まっていますが、「とりわけ」第3章の内容が重要です。

「とりわけ」は、他の表現と組み合わせて使用することもあります。例えば、「特に」「特には」と組み合わせて使用することで、より強調する効果を持たせることができます。

以下に例文を示します。

1. 「特に」と組み合わせて使用する場合
例文1: このショップでは、新作商品がたくさんありますが、「とりわけ特に」おすすめの商品はこの一つです。
例文2: このイベントでは、さまざまなアクティビティがありますが、「とりわけ特には」ワークショップがおすすめです。

2. 「特には」と組み合わせて使用する場合
例文1: この学校では、さまざまなクラブ活動がありますが、「とりわけ特には」野球部が活気があります。
例文2: この町には、たくさんの観光スポットがありますが、「とりわけ特には」城跡が人気です。

「とりわけ」は、特定の要素や事柄を強調する際に便利な表現です。適切に使用することで、文章や会話の中で重要な要素を際立たせることができます。ただし、過剰に使用すると強調の効果が薄れるため、適度に使うことがポイントです。

※毎日確認済み(お買い物に役立つ!!)⇒2億点の商品を対象とした本日の総合ランキング by楽天♪

?

「とりわけ」の使い方・例文

「とりわけ」は、特に重要な点や特徴的な点を強調するために使用される表現です。以下では、「とりわけ」の使い方と例文を紹介します。

例文1:
彼女は多くのスポーツが得意ですが、とりわけバスケットボールが得意です。
彼女は他のスポーツも上手ですが、特にバスケットボールが彼女の得意分野です。

例文2:
このレストランの料理はどれも美味しいですが、とりわけステーキがおすすめです。
このレストランの料理は全て美味しいですが、特にステーキがおすすめです。

例文3:
彼は多くの言語を話すことができますが、とりわけ中国語が堪能です。
彼は他の言語も話すことができますが、特に中国語が彼の得意な言語です。

例文4:
この映画は素晴らしい出演者が多いですが、とりわけ主演女優の演技が素晴らしいです。
この映画は優れた出演者が多いですが、特に主演女優の演技が素晴らしいです。

例文5:
彼は多くの国を旅行してきましたが、とりわけ日本の文化に魅了されました。
彼は他の国も旅行してきましたが、特に日本の文化に魅了されました。

「とりわけ」は、他の要素と比べて特に重要な点を強調する際に使用されます。注意点として、同じ文中で複数回使用する場合は、それぞれの使い方や意味が異なるように工夫すると良いでしょう。また、「とりわけ」は比較的フォーマルな表現ですので、ビジネス文書や公式な文章での使用に適しています。

「とりわけ」の類語とその違い

「とりわけ」は、特に、特別に、特に目立ってといった意味で使われる表現ですが、同じような意味を持つ類語も存在します。以下では、「とりわけ」とその類語の違いについて解説します。

3-1. 「とりわけ」と「特に」の違い
「とりわけ」と「特に」は、類義語として使われることがありますが、微妙な違いがあります。

「とりわけ」は、特に目立っているものや、他と比べて際立っているものを強調する際に使われます。例えば、「彼女は他の人と比べてとりわけ美しい」というように使います。

一方、「特に」は、特定の事柄を強調する際に使われます。例えば、「特にこのレストランの料理がおすすめです」というように使います。

つまり、「とりわけ」は他と比べて際立っているものに焦点を当てる際に使われ、一方の「特に」は特定の事柄に焦点を当てる際に使われるという違いがあります。

3-2. 「とりわけ」の関連用語
「とりわけ」には、同じような意味を持つ関連用語も存在します。以下にいくつかの関連用語を紹介します。

・特に:「とりわけ」と同じように特定の事柄を強調する際に使われます。
・特に目立つ:「とりわけ」の意味に近い表現で、他と比べて特に目立っていることを強調します。
・特に重要:特に重要なことを強調する際に使われます。

これらの関連用語も、「とりわけ」と同様に特定の事柄を強調する際に使われることが多いです。

以上が、「とりわけ」の類語とその違いについての説明です。適切な場面で適切な表現を使い分けることで、より的確な文章を作ることができます。

「とりわけ」と「特に」の違い

「とりわけ」と「特に」は、似たような意味を持つ言葉ですが、微妙な違いがあります。このセクションでは、「とりわけ」と「特に」の違いについて詳しく説明します。

まず、「とりわけ」は、特定の事柄を他の事柄と比較して、特に目立つ、特に重要なという意味を持ちます。一方、「特に」は、特定の事柄を他の事柄と区別して、特に注目すべき、特に重要なという意味を持ちます。

具体的な使い方を見てみましょう。

例文1:「彼女は多くの才能を持っていますが、とりわけ絵画の才能が素晴らしいです。」
この例文では、「とりわけ」が使われています。ここでは、彼女の多くの才能の中でも、絵画の才能が特に優れていることを強調しています。

例文2:「彼は特に音楽に興味があります。」
この例文では、「特に」が使われています。ここでは、彼が他の事柄と比較して、音楽に特に興味を持っていることを表しています。

このように、「とりわけ」と「特に」は、強調する対象が異なる点があります。また、「とりわけ」は、比較対象となる他の事柄が存在することを暗に示す場合にも使われます。

次に、類義語としての関連用語について見てみましょう。

3-2.「とりわけ」の関連用語

「とりわけ」には、似たような意味を持つ関連用語がいくつかあります。以下にいくつかの関連用語を紹介します。

・特に
・特にも
・特になくても
・特にない

これらの言葉は、「とりわけ」と同様に、特に重要な事柄や特に注目すべき事柄を表現するために使われます。使い方やニュアンスは微妙に異なることもありますので、使う際には文脈に合わせて適切に使い分けるようにしましょう。

4.「とりわけ」の使用上の注意点

「とりわけ」の使い方にはいくつかの注意点があります。以下にいくつかの注意点を紹介します。

4-1.「とりわけ」の使い分け方

「とりわけ」は、他の事柄と比較して特に目立つ、特に重要な事柄を強調するために使われます。比較対象が明確であり、他の事柄との差異を明示する文脈で使うことが適切です。

4-2.「とりわけ」の誤用例

「とりわけ」は、使い方によっては誤解を招くこともあります。以下にいくつかの誤用例を紹介します。

誤例1:「彼はとりわけ優れたスポーツ選手です。」
この文では、他のスポーツ選手と比較して彼が特に優れていることを表現したいと思われますが、「とりわけ」の使い方が適切ではありません。正しくは、「彼は特に優れたスポーツ選手です。」と表現するのが適切です。

誤例2:「とりわけないことはありません。」
この文では、「とりわけ」を使って否定の意味を表現しようとしていますが、誤用です。「とりわけ」は、特に目立つ、特に重要な事柄を強調するための言葉であり、否定の意味を持つわけではありません。正しくは、「特にないことはありません。」と表現するのが適切です。

5.「とりわけ」のまとめ

「とりわけ」は、特に目立つ、特に重要な事柄を強調するために使われる言葉です。他の事柄と比較して特に優れていることを表現する際に使われることが多く、類義語として「特に」などがあります。正しい使い方を心掛けて、表現の幅を広げましょう。

「とりわけ」の関連用語

「とりわけ」は、特に強調したい事柄や要素を示す際に使用される表現です。しかし、「とりわけ」だけでなく、似たような意味や使い方を持つ関連用語も存在します。以下では、「とりわけ」とその関連用語について紹介します。

まず、関連用語の一つ目は「特に」です。これも「とりわけ」と同じく、特定の事柄や要素を強調する際に使用されます。例えば、「特に美味しい」という表現は、「とりわけ美味しい」と同じく、他の要素と比べて特に美味しいことを強調しています。

次に紹介するのは「特にない」という表現です。これは、「とりわけない」と同じく、他の要素と比べて特にないことを表します。例えば、「特に問題はない」という表現は、「とりわけ問題はない」と同じく、他の要素と比べて特に問題がないことを示しています。

また、「特に大切」という表現も関連しています。これは、「とりわけ大切」と同じく、他の要素と比べて特に大切なことを強調します。例えば、「特に大切なお知らせ」という表現は、「とりわけ大切なお知らせ」と同じく、他のお知らせと比べて特に大切なお知らせであることを示しています。

さらに、「特に注意」という表現も関連しています。これは、「とりわけ注意」と同じく、他の要素と比べて特に注意が必要なことを示します。例えば、「特に注意が必要なポイント」という表現は、「とりわけ注意が必要なポイント」と同じく、他のポイントと比べて特に注意が必要なポイントであることを強調しています。

以上が、「とりわけ」の関連用語です。これらの表現は、「とりわけ」と同じく特定の事柄や要素を強調する際に使用されます。適切な文脈において、これらの表現を使い分けることで、より的確な意味を伝えることができます。

「とりわけ」の使用上の注意点

4-1. 「とりわけ」の使い分け方
「とりわけ」は、特に強調したい事柄を示す際に使用される表現です。しかし、注意が必要な点もあります。

まず、「とりわけ」は、主に文章の中で使われることが多いです。会話の中ではあまり使用されない傾向があります。そのため、文章を書く際には積極的に活用することが重要です。

また、「とりわけ」は、他の言葉と組み合わせて使用することが一般的です。例えば、「とりわけ重要なポイントは~」や「とりわけ注意が必要な点は~」など、具体的な事柄を後に続ける形で使用します。

さらに、「とりわけ」は、相対的な比較を表す際にも使用されます。例えば、「Aは素晴らしいが、Bはとりわけ優れている」というように、比較対象の中で特に優れている要素を強調する場合に使用します。

4-2. 「とりわけ」の誤用例
「とりわけ」は、意味や使い方を正しく理解しないまま使用すると誤用になることがあります。以下に代表的な誤用例を紹介します。

まず、冠詞「とりわけの」は存在しません。よく間違えられる表現ですが、「とりわけ」は副詞として使用されるため、冠詞と組み合わせることはありません。

また、「とりわけ」は、単体で使われることは少なく、他の言葉と組み合わせて使用することが多いです。そのため、「とりわけだけ」という表現は避けるべきです。

さらに、「とりわけ」は、過度な使用は避けるべきです。同じ文中で何度も繰り返し使用すると、読み手にとっては冗長に感じる可能性があります。適度な使用を心掛けましょう。

以上が、「とりわけ」の使用上の注意点です。正しい使い方を理解し、適切に活用することで、文章の表現力を高めることができます。是非、実践してみてください。

「とりわけ」の使い分け方

「とりわけ」は、特に重要な点や特に注目すべき点を強調する際に使用されます。使い方によっては、「特に」とほぼ同じ意味で使用することもできますが、微妙なニュアンスの違いがあります。

まず、「とりわけ」は、主に文章の中で使われることが多いです。例えば、「彼女は料理が上手ですが、とりわけケーキ作りが得意です」というように、ケーキ作りが彼女の得意分野であることを特に強調する際に使用します。

また、「とりわけ」は、他の要素と比較して特に優れている点を示す際にも使用されます。例えば、「このレストランの料理はどれも美味しいですが、とりわけおすすめはシーフードパスタです」というように、シーフードパスタが他の料理よりも特におすすめであることを強調する際に使用します。

さらに、「とりわけ」は、特に重要な点を挙げる際にも使用されます。例えば、「この商品は高品質な素材を使用していますが、とりわけ耐久性が優れています」というように、耐久性が他の点よりも特に重要であることを示す際に使用します。

「とりわけ」の使い方には、以下のポイントがあります。
1. 「とりわけ」は、主に文章の中で使用されることが多いです。
2. 「とりわけ」は、特に重要な点や特に注目すべき点を強調する際に使用します。
3. 「とりわけ」は、他の要素と比較して特に優れている点を示す際にも使用されます。
4. 「とりわけ」は、特に重要な点を挙げる際にも使用されます。

以上が、「とりわけ」の使い分け方についての説明です。使い方によっては「特に」とほぼ同じ意味で使用することもできますが、微妙なニュアンスの違いに注意しながら使い分けるようにしましょう。

「とりわけ」の誤用例

「とりわけ」は、特に強調したい事柄を示すために用いられる表現ですが、誤った使い方をすると意図した効果を得ることができません。以下に「とりわけ」の誤用例をいくつか紹介します。

誤用例1: 「とりわけ」を冒頭で使用する
正しい例: 「彼はスポーツ全般が得意ですが、とりわけサッカーが得意です。」
誤った例: 「とりわけ彼はスポーツ全般が得意ですが、サッカーがとりわけ得意です。」

誤用例2: 「とりわけ」を文の途中で使用する
正しい例: 「彼はスポーツ全般が得意ですが、サッカーがとりわけ得意です。」
誤った例: 「彼はスポーツ全般がとりわけ得意ですが、サッカーが得意です。」

誤用例3: 「とりわけ」を同じ文で複数回使用する
正しい例: 「彼はスポーツ全般が得意ですが、特にサッカーがとりわけ得意です。」
誤った例: 「彼はスポーツ全般が得意ですが、特にサッカーがとりわけとりわけ得意です。」

誤用例4: 「とりわけ」を他の強調表現と重ねて使用する
正しい例: 「彼はスポーツ全般が得意ですが、特にサッカーが非常に得意です。」
誤った例: 「彼はスポーツ全般がとりわけ得意ですが、特にサッカーがとてもとりわけ得意です。」

「とりわけ」は、一つの事柄を特に強調する際に使われる表現です。しかし、冒頭や文の途中で使用すると文脈がわかりにくくなり、同じ文で複数回使用すると重複してしまいます。また、他の強調表現と重ねて使用すると言いたいことが強調され過ぎてしまいます。正しい使い方を心掛けて、「とりわけ」を効果的に利用しましょう。

「とりわけ」のまとめ

「とりわけ」は、特に強調したい事柄や項目を示すために使用される表現です。この記事では、「とりわけ」の基本的な意味や使い方、類語とその違い、使用上の注意点について解説しました。

「とりわけ」は、「特に」と同様に特定の事柄を強調する際に使われますが、微妙なニュアンスの違いがあります。「特に」は、他の事柄と比較して特別なものを指し示す際に使われる一方、「とりわけ」は、他の事柄と比較してさらに際立っているものを指し示します。

また、「とりわけ」は、「特に」と比べて少しフォーマルな表現とされています。そのため、ビジネス文書や論文などで使用する場合に適しています。

「とりわけ」の使い方は、文中に挿入する形で使用されます。例えば、「彼は英語が得意ですが、とりわけ英会話が得意です」というように、「とりわけ」を使って英会話の得意さを強調することができます。

類語としては、「特に」「特には」「特にも」といった表現がありますが、これらは「とりわけ」と同様に特定の事柄を強調する際に使われます。ただし、「とりわけ」と比べて少しカジュアルな印象を与えることがあります。

「とりわけ」の使用上の注意点としては、適切な場面で使用することが重要です。特にフォーマルな文書や場面では、適切に使用することで文章の品格を高めることができます。

以上が「とりわけ」についての解説でした。この表現を使いこなすことで、文章の表現力を高めることができます。是非、日常やビジネスの場面で活用してみてください。