法事 金封の正しいマナーとは?

法事の際、金封の準備は欠かせないもの。しかし、金封の色や表書き、書き方に迷う方も多いのでは?ここでは、法事 金封についての正しいマナーを詳しく解説します。

法事 金封の基本知識

法事での金封は、故人への供養や遺族への気持ちを表す大切なもの。基本的な知識を知り、正しくマナーを守りましょう。

金封の意味とは

法事における金封は、葬儀や法要の際に、お金を捧げる手段として使われるものです。

その際に選ばれる一般的な色は黒や白、そして「双銀」と称される特定のデザインが挙げられます。

また、結び目の部分には「結び切り」や「あわじ結び」といった特定の方法で結ばれることが一般的です。このような伝統的な手法は、特定の宗教に限らず、日本全体で幅広く実践されています。

※毎日確認済み(お買い物に役立つ!!)⇒2億点の商品を対象とした本日の総合ランキング by楽天♪

?

水引の結び方の意味

水引は、日本の伝統的な礼式の際に使用されるもので、特に葬儀や法要の際に見られるものです。

その際の結び方には、特定の意味が込められています。

具体的には、人生で一度しか訪れないと希望するようなお悔やみの場面では、再び解けることがないような結び方が選ばれます。

それが「結び切り」や「あわじ結び」です。

これらの結び方は、一度結んだら容易にはほどけない特性を持っており、そのため、一度きりの大切なイベントや、終わりを意味する場面で使用されることが多いのです。

金封の渡し方に関する詳細

一般的に、法事での金封は…

法事は日本の伝統的な儀式のひとつであり、参列者のマナーが求められる。

金封を渡す際のマナーや作法は、日本の伝統や文化に基づいています。以下、その詳細と背景について説明します。

まず、金封を渡す際に使用される「袱紗(ふくさ)」は、もともと金封や手紙などを渡す際の包装布として使われるものです。直接手から手へと金封を渡すのではなく、袱紗を通じて渡すことで、相手への敬意を示すとともに、金銭を直接触れることのためらいを緩和する役割があります。

袱紗の色についても、伝統的なマナーが存在します。

弔事(仏事)の場合、冷ややかな印象を持つ寒色系が推奨されています。これは、故人への静かな哀悼の意を色で表現するためです。一方、紫色は特別な色として、慶事(祝事)でも弔事(仏事)でも使用することが許容されています。紫色は、昔から王族や貴族の色として扱われており、格式や特別感を持つ色とされています。

袱紗の折り方や使用方法も、一定のルールに基づいています。袋状でない袱紗を使う際の「右⇒下⇒上⇒左」の順序での折りたたみは、日本の伝統的な折り紙や包みの作法に基づいています。袋状の袱紗の場合、左開きのものを使用するのは、日本の伝統的な衣服や建物などの開き方と同じで、左から右へと開くのが一般的とされています。

※毎日確認済み(お買い物に役立つ!!)⇒2億点の商品を対象とした本日の総合ランキング by楽天♪

?

法事 金封の表書きのポイント

法事 金封の表書きには特定のマナーが存在します。正しい表現を学び、失礼のないよう心がけましょう。

名前の記入についての詳しい説明

金封や香典袋に名前を記入する際のマナーは、文化や伝統に基づいて厳密に定められています。名前は水引の下段中央に記入するのが一般的ですが、その際の筆記具や書き方にも注意が必要です。

筆記具に関しては、一般的に万年筆やボールペンは避けるべきとされています。これは、金封や香典袋に記入する際の名前が、相手に対する敬意や気持ちを表すものとして重要視されているためです。薄墨の筆や筆ペンを使用して、楷書で丁寧に記入することで、相手に対する尊重や気配りを伝えることができます。

特に弔事や仏事の際には、薄墨を使用する地域もあるので、事前に地域の慣習や家族の希望を確認すると良いでしょう。

また、複数人で名前を記入する場合、いわゆる「連名」となりますが、この際の順番もマナーとして定められています。目上の方の名前を先に、そして右側から記入していくのが一般的です。このような順序を守ることで、目上の人への敬意を示すことができます。

名目に関する詳しい説明

「名目」とは、金封や贈り物の目的を示す言葉のことを指します。これは、金封や贈り物を受け取った側が、その内容や目的を一目で理解するためのものとして、非常に重要な役割を果たしています。水引の上段中央に記載することで、その金封の用途や目的を明示的に示します。

宗教や地域、行事の内容によって、名目は変わることが一般的です。例えば、仏式の法事であれば「御仏前」と書くことがある一方、神式であれば「御神前」と書くことが一般的です。しかし、もしも故人の宗教的背景や家族の信仰が不明瞭な場合、間違いを避けるために「御霊前」という名目を使用するのが適切とされています。これは、多くの場面で用いることができる汎用的な名目となっており、特定の宗教に縛られずに使用することができます。

法事 金封の水引と選び方

水引は、日本の伝統的な礼式や神事で使用される紐で、その色やデザインは、その場の趣旨や意味に応じて選ばれます。

多くの場合、葬儀や法要では「黒白」、「黄白」、あるいは「双銀」の水引が用いられることが一般的です。しかし、その選択は、宗教や地域、そして行事の種類によって変わるため、適切な色を選ぶことが求められます。

特に「蓮の花」の模様がデザインされた水引は、仏式の場面で使用されることが多いです。

蓮の花は仏教において浄土や浄化のシンボルとされており、このデザインの水引は仏式の葬儀や法要に特有のものとなっています。そのため、蓮の花の模様が入っているものは仏式に限られます。

金封の紙幣と金額の注意点

金封や香典袋に入れる紙幣や金額の選び方は、日本の伝統や信仰に基づいたマナーとして非常に重要視されています。以下は、その選び方の背景や理由についての詳細な解説です。

紙幣に関しては、新札は不幸を予想するものとされ、そのため弔事の際には使用を避けるのが一般的です。

特に新しい紙幣は未使用であることから「何か新しいことの始まり」とも関連付けられることがあり、死や葬儀とは相容れないという考えが背景にあります。

また、紙幣を中袋に入れる際、裏面(人物像が描かれていない面)を前にして、紙幣の向きを揃えることが求められます。これは、細心の注意を払って準備を行うことで故人や遺族への敬意を示すためです。

金額に関しても伝統的な考え方や縁起を担ぐ心理が影響しています。

日本の言葉遊びや語呂合わせにおいて、「4」と「死」、「9」と「苦」は音が似ているため、不吉とされています。

このため、弔事の際の金額に4や9を含むものは避けるのが普通とされています。特定の金額が縁起が悪いとされる背景には、長い歴史や文化的な価値観が反映されており、適切な金額を選ぶことで亡くなった方への敬意や、遺族への気配りを示すことができます。

金封の記入内容に関する詳細

金封の取り決めや伝統においては、記入内容の位置や方法が厳密に定められています。以下、その背景や詳細について説明します。

金封には中袋が付属している場合があります。中袋がある場合、金額の記入はこの中袋に行います。その理由としては、外袋だけを見て金額を知ることができないようにすることで、他の参列者との比較や見栄を避ける意味合いがあります。また、金封自体が他者の目に触れることが少ない中袋に金額を書くことは、亡くなった方やその家族への配慮となっています。

金額の記載方法に関しては、伝統的に旧漢字の数字が使用されることが一般的です。これは、日常的にはあまり使用されない旧漢字を用いることで、特別な場であることを示し、故人への敬意を示す目的があります。

中袋の裏面には、贈り主の住所や名前を記入します。これは、受け取った家族が後でお礼の意を示すための連絡先として使用することを想定してのものです。また、一部の中袋には「住所」「氏名」「金  円」といった項目があらかじめ印刷されている場合があります。これは、記入する際の手間を減らし、ミスを避けるための工夫として導入されています。

金額の相場

法事の金封の金額の相場は…

親  1万円~5万円
配偶者の兄弟姉妹  1万円~5万円
配偶者の祖父母  5,000円~3万円
親戚の叔父や叔母  5,000円~3万円
その他の遠い親戚  5,000円~3万円

とされています。

正しい渡し方

法事の際、金封を渡すタイミングや方法は…

金額の相場は地域や親戚の関係によって異なることがあります。事前に近親者や知人に相談することで適切な金額を見極めることができます。

金封を渡す際には、故人の遺族や主催者に直接手渡しをするのが一般的です。礼を言いながら丁寧に渡すことが大切です。

また、金封袋の口をしっかりと閉じ、名前や住所をはっきりと書いたものを用意することで、受け取り手の手間を省くことができます。

金封を受け取った側も、受け取ったことをしっかりと確認し、後日お礼の言葉を返すのが良いマナーとされています。

以上、法事 金封に関する基本的なマナーやポイントを解説しました。正しい知識とマナーを身につけ、故人への敬意を示すことが大切です。

>サイト訪問のお礼に・・

サイト訪問のお礼に・・



冒頭でご紹介いたしましたが、恋愛コンサルタントの監修のもと
質の高い恋愛マニュアルをプレゼントしています。
サイトご訪問のお礼ですので、完全無料のプレゼントです。
このマニュアルは、ビジネスにも応用できると評価された
高品質の内容です。どうぞ、お持ち帰りください。

CTR IMG