「とどのつまり」って何?その意味、使い方、そして語源を探る

「とどのつまり」の意味とは?

1.「とどのつまり」の意味とは?

「とどのつまり」とは、物事の最終的な結果や要点を表す表現です。何かを説明したり話をまとめる際に使用されます。この表現は、話の内容を簡潔にまとめるために使われることが多いです。

1-1.「とどのつまり」の語源とは?

「とどのつまり」の語源は明確にはわかっていませんが、江戸時代の言葉遣いに由来していると考えられています。具体的な語源は不明ですが、物事の結論や要点をつまびらかにするために使われたことが起源とされています。

2.「とどのつまり」の使い方を探る

2-1.ネガティブな結果に対して使う場合

「とどのつまり」は、ネガティブな結果や問題の根本的な原因を説明する際に使われることがあります。例えば、失敗したプロジェクトの原因を話す場合に「とどのつまり、計画の不備が原因だった」と言うことができます。

2-2.ある程度時間をかけた物事の最終的な場面で使う場合

また、「とどのつまり」は、ある程度時間をかけて進行した物事の最終的な場面を表現する際にも使われます。例えば、長い交渉の末に達成された結果を話す場合に「とどのつまり、双方の合意が得られた」と言うことができます。

3.「とどのつまり」の類語や言い換え表現とは?

3-1.類語1:結局

「とどのつまり」の類語として「結局」があります。どちらも物事の最終的な結果や要点を表す表現です。例えば、「とどのつまり、彼女は結局、転職することになった」と言うこともできます。

3-2.類語2:挙げ句の果て

「とどのつまり」の類語として「挙げ句の果て」があります。どちらも物事の最終的な結果や要点を表す表現です。例えば、「とどのつまり、彼は挙げ句の果てに会社を辞めることになった」と言うこともできます。

3-3.類語3:つまるところ

「とどのつまり」の類語として「つまるところ」があります。どちらも物事の最終的な結果や要点を表す表現です。例えば、「とどのつまり、彼の言いたいことはつまるところ、成功したということだ」と言うこともできます。

4.「とどのつまり」の英語表現とは?

「とどのつまり」の英語表現は「in conclusion」となります。物事の最終的な結果や要点を表す際に使用されます。例えば、「とどのつまり、彼の提案は受け入れられなかった」と言う場合には「In conclusion, his proposal was not accepted」と言うことができます。

5.まとめ:「とどのつまり」の意味、使い方、語源を理解する

「とどのつまり」とは、物事の最終的な結果や要点を表す表現です。ネガティブな結果に対して使ったり、ある程度時間をかけた物事の最終的な場面を表現する際に使われたりします。語源は江戸時代の言葉遣いに由来していると考えられています。類語としては「結局」「挙げ句の果て」「つまるところ」があります。英語表現は「in conclusion」となります。

「とどのつまり」の語源とは?

「とどのつまり」は、もともと「止まる」という意味の動詞「とどまる」と、「最後の部分」という意味の名詞「つまり」が組み合わさった言葉です。つまり、何かが最終的にどこかに到達し、そこで止まるという意味を持っています。

この表現は、江戸時代に生まれたと言われており、当時の文学や演劇でよく使われていました。その後、現代に至るまで使われ続け、日本語の定番表現の一つとなっています。

※毎日確認済み(お買い物に役立つ!!)⇒2億点の商品を対象とした本日の総合ランキング by楽天♪

?

「とどのつまり」の使い方を探る

「とどのつまり」は、さまざまな場面で使われる表現です。以下では、その使い方について探っていきます。

2-1. ネガティブな結果に対して使う場合
「とどのつまり」は、ネガティブな結果や結論を述べる際に使われることがあります。例えば、「彼は一生懸命勉強したが、とどのつまり試験には合格できなかった」というように使います。このように、「とどのつまり」は、努力や期待に対して結果が伴わなかったことを示す際に使用されます。

2-2. ある程度時間をかけた物事の最終的な場面で使う場合
また、「とどのつまり」は、ある程度時間をかけた物事の最終的な場面で使われることもあります。例えば、「長い間交渉を重ねたが、とどのつまり合意には至らなかった」というように使います。このように、「とどのつまり」は、長い時間や労力をかけた結果や最終的な結論を示す際に使用されます。

「とどのつまり」は、結果や結論を端的に表現する際に有効な表現です。ネガティブな結果や長い時間をかけた結果を伝える際に、適切に使用することが重要です。

ネガティブな結果に対して使う場合

「とどのつまり」は、ネガティブな結果に対して使われることがあります。この表現は、ある事柄や状況の結果が予想や期待とは異なるものになった場合に使われます。具体的には、期待していた結果や望んでいた結果とは違う結果が出た際に、「とどのつまり」という表現を使ってその結果を総括することができます。

例えば、あるビジネスプロジェクトが失敗し、多くの時間と労力が無駄になった場合、その結果を「とどのつまり、全ての努力が水の泡になってしまった」と表現することができます。また、試験に合格するために一生懸命勉強したが、結果は不合格だった場合にも、「とどのつまり、勉強が報われなかった」というように使うことができます。

「とどのつまり」は、ネガティブな結果に対して使われることが多いですが、ポジティブな結果に対しても使われることがあります。ただし、ネガティブな結果に対して使う場合は、その結果が予想外であることや期待とは異なることを強調するため、注意が必要です。

※毎日確認済み(お買い物に役立つ!!)⇒2億点の商品を対象とした本日の総合ランキング by楽天♪

?

ある程度時間をかけた物事の最終的な場面で使う場合

「とどのつまり」は、ある程度時間をかけた物事の最終的な場面で使われる表現です。この場面では、長い時間や努力をかけて進めてきた結果や結論に対して、最終的な結果を簡潔にまとめるために使用されます。

例えば、長い交渉の末に合意が成立した場合や、長い議論の末に結論が出された場合に「とどのつまり」という表現が使われることがあります。この表現は、時間や労力をかけて進められた過程の結果を強調し、最終的な結論や結果を端的に述べる効果があります。

例えば、「とどのつまり、長い間の努力の末にプロジェクトは成功した」というように使うことができます。この場合、「とどのつまり」を使うことで、長い時間や労力をかけた結果としての成功を強調することができます。

「とどのつまり」は、物事の最終的な場面で使われる表現として、重要な役割を果たします。そのため、適切な場面で使うことで、文章や会話の説得力を高めることができるでしょう。

「とどのつまり」の類語や言い換え表現とは?

「とどのつまり」は、他の言葉や表現に置き換えることもできます。以下にその類語や言い換え表現を紹介します。

3-1. 類語1:結局
「結局」は、「とどのつまり」と同じく、最終的な結果や結論を指す表現です。物事の本質や要点を示す際にも使用されます。

例文:彼は一生懸命勉強したが、結局は試験に合格できなかった。

3-2. 類語2:挙げ句の果て
「挙げ句の果て」は、「とどのつまり」よりもネガティブな意味合いを持ちます。物事が最悪の状態に至ることを強調する際に使用されます。

例文:彼は借金を重ね、仕事も失い、挙げ句の果てには家も失ってしまった。

3-3. 類語3:つまるところ
「つまるところ」も、「とどのつまり」と同じく、最終的な結果や要点を示す表現です。物事を簡潔にまとめる際に使用されます。

例文:彼の言い分を聞いたが、つまるところ彼の責任は免れられないと思う。

これらの類語や言い換え表現を使うことで、「とどのつまり」以外のバリエーションを表現することができます。

類語1:結局

「とどのつまり」は、「結局」という意味でも使われます。この表現は、物事の結果や最終的な結論を示す際に使用されます。例えば、「彼は一生懸命勉強したが、とどのつまり試験には合格できなかった」というように使います。

「結局」は、「最終的には」という意味合いもあります。例えば、「彼女は最初は反対していたが、結局私の意見を受け入れてくれた」というように使われます。

「とどのつまり」と「結局」は、物事の結果や結論を示す際に使われる点で似ていますが、微妙なニュアンスの違いがあります。具体的な使い方や文脈によって使い分けることが大切です。

類語2:挙げ句の果て

「とどのつまり」には、他にも類似の意味を持つ言葉や表現があります。その中でもよく使われる類語の一つが「挙げ句の果て」です。

「挙げ句の果て」とは、ある事態や状況が最悪の結果に至ることを指す表現です。物事が最後の最後になって、思いもよらない悪い結果が訪れるときに使われます。

例えば、「彼は頑張って勉強したが、挙げ句の果てに試験に落ちてしまった」というように使います。この場合、「彼が試験に落ちた」という結果が最悪であり、予想外の出来事であることを表現しています。

「挙げ句の果て」は、「とどのつまり」と同様に、物事の結末や結論を強調するために使われます。しかし、「挙げ句の果て」は、ネガティブな結果に焦点を当てる傾向があります。

他にも、「とどのつまり」と同じような意味を持つ言葉や表現はありますが、その中でも「挙げ句の果て」は特によく使われる言葉です。物事の最終的な結果が予想外のものになる場合には、「挙げ句の果て」という表現を活用してみると良いでしょう。

類語3:つまるところ

「つまるところ」とは、物事の要点や結論を示す表現です。ある事柄の最も重要な部分や本質を指し示す際に使用されます。

例えば、長い議論や説明の後に「つまるところ、結局はお金の問題だ」と言うことで、その問題の核心がお金にあることを強調することができます。

また、「つまるところ、彼の努力が実を結んで成功した」というように、ある人の努力が結果として成功につながったことを簡潔に表現することもできます。

この表現は、話の流れを短くまとめる際や、聞き手に対して要点を伝える際に便利です。しかし、あくまで要点を伝えるための表現であるため、詳細な説明や理由を求められる場合には、他の表現を使う方が適切です。

類似の表現としては、「要するに」「要は」「つまり」といった言い換え表現があります。これらも「つまるところ」と同様に要点を簡潔にまとめる際に使用されます。

「つまるところ」は、物事の核心や結論を的確に伝える表現であり、コミュニケーションにおいて重要な役割を果たします。適切な場面で使いこなせるようになると、意思の疎通がスムーズになるでしょう。

「とどのつまり」の英語表現とは?

「とどのつまり」の英語表現は、「in the end」となります。この表現は、物事の最終的な結果や結論を示す際に使用されます。例えば、「彼はたくさんの努力をしたが、とどのつまり失敗した」という文を英語にすると、「He made a lot of effort, but in the end, he failed」となります。

この表現は、日本語の「とどのつまり」と同様に、物事の結末や結果を強調する際に使われます。また、「in the end」の他にも、「ultimately」や「finally」といった表現も同様の意味を持ちます。

「とどのつまり」の英語表現を使うことで、文章の流れをスムーズにし、読み手に対して最終的な結果を明確に伝えることができます。

まとめ:「とどのつまり」の意味、使い方、語源を理解する

「とどのつまり」は、最終的な結果や要点を表す表現です。この言葉の語源は、江戸時代の俳諧師・松尾芭蕉の「奥の細道」に由来しています。

この表現は、ネガティブな結果に対して使われることもあります。例えば、努力の末に失敗した場合や、予想外の結果になった場合に「とどのつまり」という言葉が使われます。

また、「とどのつまり」は、ある程度時間や努力をかけた物事の最終的な場面で使われることもあります。例えば、長い議論や説明の末に結論が出た場合や、長い旅の末に目的地に辿り着いた場合にも使われます。

この表現の類語や言い換え表現としては、「結局」や「挙げ句の果て」、「つまるところ」などがあります。これらの表現も、最終的な結論や要点を表す際に使われます。

「とどのつまり」の英語表現はありませんが、意味を伝えるためには「in the end」や「ultimately」といった表現が使われることがあります。

以上が、「とどのつまり」の意味、使い方、語源についてのまとめです。この表現は、最終的な結果や要点を表す際に使われる重要な表現です。

>サイト訪問のお礼に・・

サイト訪問のお礼に・・



冒頭でご紹介いたしましたが、恋愛コンサルタントの監修のもと
質の高い恋愛マニュアルをプレゼントしています。
サイトご訪問のお礼ですので、完全無料のプレゼントです。
このマニュアルは、ビジネスにも応用できると評価された
高品質の内容です。どうぞ、お持ち帰りください。

CTR IMG